脱毛器

家庭用脱毛器の特徴

水没車

脱毛器と一口に言っても種類も豊富ですし、医療現場で使われているもの、エステサロンや脱毛サロンなどで使われているもの、家庭用脱毛器などがあります。

 

それぞれ特徴があり、どれもメリットデメリットがはっきりしているので自分にあう方法で脱毛をはじめる事ができます。

 

例えば、医療現場(美容外科クリニック)やエステサロンで脱毛をする場合は脱毛してもらうために通わないといけません。自宅や会社の近くにあれば良いのですが、通うのに1時間以かかる。子供を預けないといけないなど、事情があって通うことが困難な方は、家庭用脱毛器を利用したほうが良いでしょう。

 

家庭用脱毛器なら自分の好きなときにできますし、通う必要がありません。

 

インターネット等から購入ができるので購入も楽々。

 

注文すれば、自宅に届くので自宅に居るだけで脱毛ができてしまいます。
最近の家庭用脱毛器は性能もよく、効果も高いことがとても評価されているので
クリニックやエステサロン・脱毛サロンに行って施術していうかのような
効果も期待ができます。

 

逆に自分では管理するのが面倒・・・
プロの手で施術してもらいたいと思う人は家庭用脱毛器は向いていません。
また、家庭用脱毛器は比較的高価でキャンペーン等で多少は安くなりますが、
期待するほどではありません。

 

一方、クリニックやエステサロン・脱毛サロンはキャンペーン等が豊富で
時期によってはワンコイン脱毛などが行われており、
人気のワキや足・腕の永久脱毛が安く受けられる事が多くあります。

 

脱毛器の種類

脱毛器の種類はレーザー脱毛器・フラッシュ脱毛器に大きく分けることができます。
その他、最近では新しい技術の開発により音波などを利用した脱毛器などもあります。
一般的に、レーザー脱毛器はクリニックなど医療機関で採用されている事が多く、
医療用レーザー脱毛器と呼ばれています。
フラッシュ脱毛と異なり照射面積が小さくポイントでの脱毛になりますが、
医療機関での施術とあり人気が高く、効果も高い方法です。
保険は多毛症などの場合は使うことができますが、基本的には自費での施術になります。

 

フラッシュ脱毛器などはエステサロンや脱毛サロンで多く使われています。
照射面積が広く、痛みも少ないのが特徴ですが医療用レーザー脱毛器に比べると
効果が少し下がる場合があります。(機器によって異なります)
フラッシュ脱毛は光を当てて脱毛する方法で肌への負担が少なく肌の弱い方でも
利用がしやすくなっています。

 

家庭用脱毛器ではレーザー脱毛器・フラッシュ脱毛器・新しい技術の脱毛器を種類が豊富です。
レーザー脱毛器に関しては医療用レーザー脱毛器よりも出力が抑えられて作られているので
安心・安全な商品になっていますし、フラッシュ脱毛器は照射出力を自分で調節できるタイプの
ものが一般的で自分で調節して利用することができます。
国内生産のものもありますから、日本製にこだわりたい方でも安心して購入ができます。